バリア機能を強化する食事とは? 薬日本堂

HO MAIN

こんにちは、MY HONEYバイヤーのヨシノです。

先日、漢方の養生法についてご案内させていただきましたが、友人から「漢方って興味はあるものの、ちょっと敷居が高い感じがしてたのよね。生活にうまく取り込めるといいね」「お茶から試してみたいな」といった声がありました。

少し前までは私も同じ感覚で、商店街の一角、老舗のお店のドアを開けると白衣を着た年配の方がいらして、きっと相談したら引くにひけなくなってすごい高い漢方とか買っちゃったりして!?と思っていました。

 

薬日本堂さんを初めて知ったのは、某デパートのOPENレセプションで立ち寄ったのがきっかけ。
明るい店内で、優しそうな女性が対応している空間に、今までのイメージは払拭されました。

このブログを機に、皆さんが漢方をより身近に感じていただければ、何よりです。

 

PC_nihonbashi3

薬日本堂の漢方ビューティーブランド「カガエ カンポウ ブティック」

 

さて、今日は先日お伝えした免疫力アップのために、

<どんな食材を摂取するとバリア機能が高まるのか?>

ということをお伝えしていこうと思います。

 

漢方薬の原料となる生薬(植物、動物、鉱物)にはそれぞれ、体を冷やす、温める、機能を強化するなどのはたらきがあり、これらを漢方理論で組み合わせたものが漢方薬です。

同じ考え方で、食材の持つはたらきを活用し、体を整える食事法を“薬膳”と言います。食材は薬よりも体へのはたらきはおだやかですが、理論に沿って選べば、バリア機能の強化につながる食事にすることができます。

 

 

漢方、薬膳では、原菌や毒素その他の異物から身体を守るバリア機能を強化するために、五臓六腑の「肺」と「腎」の

 

気=エネルギー

 

を強化することが大切と考えます。

 

肺の気は、身体の外側にあり身体を守るバリア機能として働き、腎の気は全身の機能を支える生命力と考えられています。(漢方の考え方では内臓やそれにつながる体の機能を五臓六腑にわけて考えます。※西洋医学の臓器とは異なります。)

 

肺と腎の強化におすすめの食材は、

 

●肺の気を補いバリア機能を強化

白ゴマ、もち米、松の実、百合根、落花生、牛乳、白きくらげ、ぎんなん、杏仁、レンコン

 

白や淡い黄色のものが多いんですね。

私は毎日ゴマとバナナ、お酢、蜂蜜を入れたドリンクを飲んでいます!

 

 

WHITE

 

 

こちらは薬日本堂さんの漢方ミュージアムに併設のレストランのサラダバイキング。
salad NEW

 

 

ベースのグリーンを入れたら、様々なはたらきのある和漢素材ののトッピングを好きなだけかけられます。これを真似て、お弁当のサラダには、落花生の砕いたものや、ヘンプシード、カボチャの種などを最後にパラパラとかけていますが、ナッツの触感が加わって、栄養価も高まるのでお勧めです。
●腎の気を補い生命力を強化
黒ゴマ、昆布、羊肉、シジミ、パイナップル、粟、ハスの実、豚肉、味噌、黒豆

 

腎にいいものは、黒とか茶色のものが多いですね。しじみのお味噌汁とかは一挙に手軽に摂取できて良さそうです。

最近パイナップルが果物コーナーに出ていますね。葉の部分に少し実をつけておいて適切な処置をすれば観葉植物として栽培ができるそうなので、ぜひチャレンジしてみたいものです。

 

 

miso

 

 

●肺と腎の気を補いダブルで強化
鴨肉、ニラ、サクランボ、山椒、ナマコ、干しブドウ、山芋、クルミなど

 

 

IMG_2274

 

干しブドウやパイナップルなどのドライフルーツミックスをヨーグルトに前日の晩つけておくと、朝にはしっとり柔らかくなって美味しいフリーツヨーグルトになってておいしいですよ。

 

最近自宅で手作りお菓子を作っているので、今日は、腎にいいという黒豆と、肺を強化する白練りごま(白ごま)、牛乳を入れたスコーンを作りました。

黒豆はわずかな塩で煮たものを使うので、豆自体の柔らかい甘さと、練りごまのコクが効いていてちょっと大人な味に仕上がりました。

ただし、たくさん作ったからといってうっかり食べ過ぎてしまったら、胃腸に過度の負担がかかり、エネルギーや栄養を作る力が低下するので注意ですね!

 

 

kuromame

 

 

このレシピは、雑誌のページを切り抜いてスクラップしていた中にあったものです。

実は薬膳の本を買ったものの、なかなか活用できていないのですが、お手持ちのレシピの中で今回上げた素材が入っているものを作ることなら、取入れ易いのかなと思いました。

ぜひみなさんも、取り入れてみてください。

 

 

◆記事監修

鈴木 養平 – Youhei Suzuki[薬日本堂漢方スクール講師・薬剤師]

東北医科薬科大学卒業後、薬日本堂入社。臨床を経験し、店舗運営、教育、調剤、広報販促に携わる。札幌に勤務中、TVの漢方コーナーにてレギュラー出演。漢方薬による体質改善の指導・研究にあたる一方で、“漢方をより身近に”とセミナー講師・雑誌・本の監修(『おうちでできる漢方ごはん』『かんたん・おいしい薬膳レシピ』)で活躍中

漢方についてもっと知りたい!という方は、下記サイトへどうぞ。

薬日本堂漢方スクール

https://www.kampo-school.com/

薬日本堂情報サイト「漢方ライフ」

https://www.kampo-sodan.com/

薬日本堂公式サイト http://www.nihondo.co.jp